教育関連

コーススケジュール
Course Schedule

日時 場所 ワークショップ名 受講対象 クレジット
種類と単位数
担当者
連絡先
詳細・申込み
外部リンク
日時 場所 ワークショップ名 受講対象 クレジット
種類と単位数
担当者
連絡先
詳細・申込み
外部リンク
日時 場所 ワークショップ名 受講対象 クレジット
種類と単位数
担当者
連絡先
詳細・申込み
外部リンク
2019年5月13日 - 16日 東京 10シリーズの間・イールドを用いたムーブメントへの翻訳 パート3 パート1,2を修了された方またはそれに相当する場合 4 Rolf Movement認定単位 Rolf Movement 講師田畑浩良 https://yielding.work/script/mailform/workshop/
2019年8月26日 - 29日 東京 Core Stability コアの安定 ロルファー及びIASI認定校出身のSI施術者及び日本ロルフィング協会員推薦があった方 4Rolf Movement認定単位 Rolf Movement講師田畑浩良 https://yielding.work/script/mailform/workshop/
2019年8月20日 - 23日 東京 Spine in motion through support and relationship with joints ロルファー及びIASI認定校出身のSI施術者及び日本ロルフィング協会員推薦があった方 4Rolf Movement認定単位 Rolf Movement講師田畑浩良 https://yielding.work/script/mailform/workshop/
2019年4月29日 東京 ロルフムーブメントワークショップ 1 Rolf Movement credit Rolf Movement®講師 田畑浩良 http://rolfinger.com/workshop.html

Translation of 10 recipe into Ma・Yield for Integration Part 3

ワークショップ名 10シリーズの間・イールドを用いたムーブメントへの翻訳 パート3
日時 2019年5月13日 - 16日
場所 東京都渋谷区
受講対象 パート1,2を修了された方またはそれに相当する場合
クレジット種類と単位数 4 Rolf Movement認定単位
受講料 8万円 
連絡先 Rolf Movement 講師田畑浩良
メールアドレス
電話 03-3461-5462
詳細・申込み 外部リンク https://yielding.work/script/mailform/workshop/
内容 知覚そして機能的側面から、10シリーズの第8、9,10セッション、統合を扱います。ポジションによる戦略、トラッキング等をThe Art of Yieldの観点から、紹介します。

Core Stability コアの安定

ワークショップ名 Core Stability コアの安定
日時 2019年8月26日 - 29日
場所 東京都渋谷区
受講対象 ロルファー及びIASI認定校出身のSI施術者及び日本ロルフィング協会員推薦があった方
クレジット種類と単位数 4Rolf Movement認定単位
受講料 8万円 (会員早割 6万円、6/26迄のお申込み)
連絡先 Rolf Movement講師田畑浩良
メールアドレス
電話 03-3461-5462
詳細・申込み 外部リンク https://yielding.work/script/mailform/workshop/
内容 10シリーズの第4 - 6セッション、内臓空間について掘り下げます。
内臓の容れ物containerとしての骨盤が中身を支えやすい状態、中身の流動性を引き出す手法をご紹介します。

Spine in motion 動きのある脊柱

ワークショップ名 Spine in motion through support and relationship with joints
日時 2019年8月20日 - 23日
場所 東京都渋谷区
受講対象 ロルファー及びIASI認定校出身のSI施術者及び日本ロルフィング協会員推薦があった方
クレジット種類と単位数 4Rolf Movement認定単位
受講料 8万円 (協会員早割6万円、6/20迄のお申込み)
連絡先 Rolf Movement講師田畑浩良
メールアドレス
電話 03-3461-5462
詳細・申込み 外部リンク https://yielding.work/script/mailform/workshop/
内容 脊柱の機能的な動きを探求していきます。Axial complexの機能性を高めるには,supportの充実や脊柱管の膜組織やretroperitoneal(腹膜後方の)臓器の動きや発達段階での基本的な動きもまた重要な要素です。
脊柱を直接働きかけるというより、他の構造や知覚との関係性の中でとらえていきます。

イールド紹介一日ワークショップ 間を見つける

ワークショップ名 イールド紹介一日ワークショップ 間を見つける
日時 2019年4月29日
場所 東京都渋谷区
受講対象
クレジット種類と単位数 1 Rolf Movement credit
受講料 2万円
連絡先 Rolf Movement®講師 田畑浩良
メールアドレス info@rolfinger.com
電話 03-3461-5462
詳細・申込み 外部リンク https://yielding.work/script/mailform/workshop/
内容 「イールドの技法は, 今この瞬間にしっかり心を置き,くり返し”全体”を観るための探求です。」
           ロルフ・ムーブメント教師 Mary Bond

委ねる動きとしての"イールド"は、人の発達段階で最も最初に在る、原初的な動きです。あらゆる動きの土台であるイールドの質が変われば、他の応用的な動きすべてに影響を与えることができます。
イールドは日々の生活の基本となる、休息できる身体を引き出し、
あらゆる動きを伴うパフォーマンスの質にも違いを与えることができます。
イールドは、それ自体が落ち着く動きなので、心理・情緒にも影響を与え、重力との関係性が改善しますが、周囲の空間との関係性を変えるための知見が加えられて、より発展を続けています。

イールドの実際の体験を通して変化の”場”の重要性を理解していきます。

△ページトップへ戻る