JRA TOP

WWW全体 JRAサイト内
 
note Rolfing®は米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの登録商標です
 

   
   

よくあるご質問



idababy Q1:ロルフィング®って痛いの?
Q2:ロルファーは途中で替えられますか?
Q3:ロルファー選びのポイントは?


Q1:ロルフィング®って痛いの?

A1:(The Rolf Institute® FAQ より転載)

ロルフィング®は一般的に「痛い」という印象が昔からありますが、この認識はロルフィング®がまだ世間に普及し始めた初期の頃のセッションに対して誇張されたイメージにより確立されました。 当時は、繊細さよりも刺激の強さが重視される傾向があり、それは1960年代後半〜1970年代初め頃にアメリカでは広く一般的だった、感情面に強く働きかけるタイプのセラピーのトレンドでもありました。 ロルフィング®が痛いというイメージは、アイダ・ロルフ博士が生徒達に「もっと深く働きかけなさい」と注意していたという、よく引用される逸話にも起因しているのでしょう。どうやら当時の多くの生徒達が、博士にもっと強く圧をかけるよう注意されたと解釈したようです。
  現在、私達は「深く働きかける」ことが必ずしも「物理的に強く働きかける」という意味ではない、と認識しています。ロルフィング®を受けたときの感じ方は、その人が持つ条件(例えば、身体的トラウマの度合いや、よじれた筋膜をかかえてきた期間など)によって異なります。筋膜のよじれを長期間かかえていると、その部分を補うため、より頑固で広い範囲にわたるクセが身体につき、それを解消するために持続的な圧が必要となる場合があります。 また、損傷や緊張のある箇所に感情がどの程度かかわっているか?という問題もあります。
  アイダ・ロルフ博士によると、癒しが起こる過程では、それまで深いレベルで封印されていた感情的なトラウマや記憶が表面化し、それを痛みとして感じることがあります。博士はまた、深いレベルでのタッチは、一時的な痛みを呼び起こすことがあるが、それは癒しと変容をもたらす契機であるとも述べています。
 しかしながら、実際には痛みの感じ方や度合いは人それぞれであるのと同様、変化を起こすのに必要だと感じて与える刺激の度合いやタッチの質も、各プラクティショナーによってさまざまです。

 これからロルフィング®を受けようと考えている方は、もし可能であれば、複数のロルファーにこの話題について尋ねてみたり、体験セッションなどを通じて彼らのタッチを感じ、それがあなたにどう影響するかを味わってから判断してみるのもよいでしょう。一般に、ロルフィング®を受ける多くの方々は、圧による刺激があっても一時的なもので、一瞬の痛みもすぐに薄らいでいき、気が付けば長年手放せずにいた制限に深く、変容的な安らぎが与えられていると感じることが多いようです。
(※個人差あります)
 ドイツ・ミュンヘンの Advanced Rolfer™である、Peter Schwind はこう述べています。

ロルフィング®の技法は、幅広いスタイルのタッチに習熟し、どんな場面でより軽い刺激、またはより強い刺激が必要とされているかを知ることだ

ロルファーはクライアントと絶えずコミュニケーションをとりながら刺激の強さを調整していきます。このことは、凝り固まった組織を解きほぐし再び全身になじませていく過程で、クライアントが一時的な不快感を感じた場合に大きな意味を持ちます。
※痛みに関する考え方は、各ロルファーのウェブサイトでも紹介されていますので興味ある人はそれらも参考にして下さい。




Q2: ロルファーは途中で替えられますか?

A1:
10シリーズの途中でもロルファーを替えることは可能です。 ロルファーを替えたいと思う動機は人によって様々です。 10シリーズに期待していたものとロルファーが目指しているものが合わないと感じる場合もあるかも知れませんし、 ロルフィング®の手法そのものが想像していたものとは違っていると感じる場合もあるでしょう。
日本ロルフィング協会所属のロルファーは The Rolf Institute® が定める倫理規定に準じ、10シリーズ中止の申し出の受け入れも含めて クライアントの意思を常に尊重することが義務づけられています。 ロルファーを変更する場合は、できるだけ早く決断して申し出ることが望ましいでしょう。10シリーズはロルファーが各々の方針とクライアントとの進行状況により組み立てていくため、シリーズ が進むにつれて後任のロルファーがそのまま引き継ぐことが困難になる場合があるからです。
 あなたがロルファーを替えたいと思っているなら、まずは担当ロルファーにその気持ちを打ち明けてみて下さい。何らかの解決法が見つかる場合もあるかも知れませんし、実際にロルファーを替えたとしても、それ以降のセッションを納得いくものにする助けとなるかも知れません。




Q3: ロルファー選びのポイントは?

A3:
いざロルフィング®を受けようと思われたとき、次に迷われるのは「ロルファー選び」かも知れません。「ロルファーの選び方」として、資格の有無以外にも、長期間の通いやすさ、場所、金額、ロルファーとの相性、など、いろいろなポイントから考慮することができます。人によっては、10回通うにあたり、費用面が気になる方もいれば、そうでない方もいます。この際、ロルファー資格のバリエーション(Advanced Rolfer™やRolf Movement™ ) や経験年数は参考にはなりますが、それはロルファーとしての優劣を決定づけるものではありません。資格の有無や経歴年数に関わらず、各ロルファーは、それぞれに異なる経歴や背景、技術を持ち、ロルフィング®のスタイルや考え方などにも、十人十色の個性があります。検討されている段階の方にとっては、事前にそれを把握することは難しいのですが、各ロルファーのウェブサイトを見たり、メニューに体験セッションなどを用意しているロルファーなら一度受けに行ってみる、電話やメールで相談してみるなどして、感触を確かめてみるのも1つの手かも知れません。いづれの場合も、まずは「この人なら身体を任せられそう」という感覚があることは大切です。


 





(写真左)
赤ん坊をあやすアイダ・ロルフ博士。何気ない手つきでロルフィング®のワークを施している。 多くの大人達が取り囲む中、赤ん坊は終始ごきげんであった。

TOP | whats new | ロルフィング®| ロルファー養成 | ロルファー一覧 | FAQ | リンク | aboutus | 会員専用ページ

© Copyright 2007-2016 日本ロルフィング協会 All Rights Reserved.
記載内容の無断転載・改変はお断りします。
写真提供:Rolf Institute® of Structural Integration. Photo credit: David Kirk-Campbell, Certified Advanced Rolfer™