JRA TOP
 
note Rolfing®は米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの登録商標です
 


   
   

モデルクライアント募集スケジュール

- Current Open Clinic -

■ 今後の予定

classroom
  ※計画は予告なく変更されることがあります。
  詳細は、募集確定後に発表します。



  

【 ロルフィング®およびスキルフルタッチ 禁 忌 症 】


◎ 避けた方がよいケース
・ 白血病
・ 動脈瘤
・ 骨粗鬆症
・ 血友病、ホジキンス病
・ 癌・ガン(過去5年以内に再発している場合 )
・ 重度の脳性マヒ
・ 静脈炎、血栓症など血管がもろくなっている場合
・ 骨髄炎、皮膚硬化症、狼瘡など結合組織の炎症
・ 腱炎などの炎症のある部位
・ 発熱しているとき
・急性の椎間板障害(慢性は可)
・ケガや骨折(6週間〜3ヶ月以内のもの)
・化膿した歯があるときのマウスワーク
・感染症(接触感染のおそれがなければOK。HIVなどは医師の同意を得る)
・妊娠中(特に初期3ヶ月以内)※トレーニングモデルではお断りしています。
・精神病、精神安定剤や睡眠薬を常用している


◎ 注意を要するか、避けた方がよいケース
・動脈硬化症
・心臓病(運動制限がなければOK)
・癌(5年以内に再発していなければOK)
・糖尿病
・高血圧
・関節炎(リューマチ性は効果を期待できない。急性の場合は該当部位を避ける)
・中〜軽度の脳性マヒ
・てんかん(過呼吸への配慮が必要)
・感染性の皮膚病・その他の接触感染性の疾病(ペルペス・水虫なども)

・ムチウチ(炎症のある間は避ける)



※「ロルフィング®」の名称は米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの登録商標であり、訓練生は、ロルフィング®トレーニングの最終段階であるユニット3を卒業し、認定を得るまではロルファーと名乗ることはできません。


TOP | whats new | ロルフィング®| ロルファー養成 | ロルファー一覧 | FAQ | リンク | aboutus | 会員専用ページ

© Copyright 2007-20016 日本ロルフィング協会 All Rights Reserved.
記載内容の無断転載・改変はお断りします