JRA TOP

WWW全体 JRAサイト内
 
note Rolfing®は米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの登録商標です
 
 
   
   

ロルファーになるには?

― ロルファー養成トレーニングに関するFAQ ―



Q1:ロルフィング®に興味があり、ロルフィング®を学びたいのですがどのようにすればよいのでしょうか?

A1:ロルフィング®に興味があるということですが、ロルフィング®の10セッションはお受けになられていますでしょうか?

養成コースに入る前にご自身がロルフィング®を受けていることが必須条件になります。
※海外受講と日本受講では、必須条件の設定が異なる場合があります。ご自身で常に最新の情報を入手するように心掛けてください。



Q2:ロルフィング®の養成コースの期間について教えてください。


A2:期間はUnit1が218時間、Unit2が244時間、Unit3が269時間です。いずれのコースも授業は平日の昼間に行われ、1つのユニットは約8週間かかります。

※履修規定は米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの協議により随時変更されることがあります。検討されている方は www.rolf.orgで常に最新の情報を確認して下さい。




Q3:日本でのロルファー養成コースの開催について、その予定はあるのでしょうか?


A3: 通常、日本でのロルファー養成コースは不定期に開催され、その場合、企画から開催までおよそ半年〜1年の準備期間が必要になると思われます。

不定期に計画される日本開催コースへの参加のチャンスを逃された、もしくは英語に不自由しない方であれば、海外での受講もご検討ください。詳しくは www.rolf.orgまで。



Q4:ロルフィング®の養成コースの開催場所について教えてください。


A4:過去の開催地では東京、京都、横浜での実績があります。日本以外では世界各国ではさらに幅広い地域で開催されています。詳しくは www.rolf.orgまで。




Q5:ロルフィング®の養成コースの金額について教えてください。

A5:ユニット1〜3の全て受講すると、授業料だけで$14,755〜$16,800です(2008年5月現在)。加えてテキストやその他の諸費用を合わせると、ユニット1〜3の全ての課程修了までに日本円で総額250万円くらいのご用意が必要かと思われます。
開催状況により変動しますので、その都度ご確認ください。

尚、遠方より参加の方は、これらと別に滞在費などもご予算に含めてお考えください。
※日本開催における金額設定は海外の場合と異なります。総じて海外で受講されるよりも高額であることが多いです。

またロルファー資格取得後に開業をお考えの方は、トレーニング受講前〜期間中の時期と並行して、開業〜事業運営の計画(特に資金繰り)についても配慮されることをお勧めします。




Q6:ロルファー養成コース卒業後の就職斡旋は行っていますか。

A6: 日本ロルフィング協会、ならびに米国The Rolf Institute® of Structural Integrationでは、ロルファー認定資格取得後の就職斡旋は行っていません。

公式認定ロルファーとなった後は、各自で開業活動や運営をしていきます。当協会や世界各地のロルファー養成機関では、開業後の事業運営に関して一斉関与しておりません。




Q7:ロルフィング®についてもっと知りたいのですが、なにか資料的なものはあるのでしょうか。

A7: 今のところ、日本ロルフィング協会としてのオフィシャルなものは、当協会又は米国 The Rolf Institute® of Structural Integrationのサイトのみとなります。
実際に活動している各ロルファーのウェブサイトからも多くの情報が得られることでしょう。
認定ロルファー一覧のページから確認できます。

参考文献等は英語で書かれたものが殆どです。
英語が苦手な方にとっては、つい日本語で書かれた情報のみに頼りがちですが、幅広い情報を得たいのでしたら、さまざまな方面からの資料に触れられることも推奨します。



Q8:ロルファーになるための必要条件や募集要項などの関連情報について詳しく知りたいのですが。

A8: ロルファーになることを目指される方は、当協会のサイトにある日本語の情報源だけに頼らず、米国 The Rolf Institute® of Structural Integration の英文サイトにある内容を熟読したり、資料を取り寄せされることもお勧めします。

日本開催の場合、カリキュラムは基本的に米国The Rolf Institute® of Structural Integrationの最新の情報に従って進行しますが、国内事情に合わせて若干の変更が加わることもありますのでご留意ください。

※海外受講と日本受講では、必須条件の設定が異なる場合があります。ご自身で常に最新の情報を入手するように心掛けてください。



Q9:認定ロルファーが各地で主催している短期間のワークショップや勉強会を受講すれば、認定ロルファーとしての正式な資格を取得したことになるのですか。

A9: 認定ロルファーが個人で主催しているワークショップ(例:筋膜リリース講習会など)に参加しても、正式に認定ロルファーの資格を取得したことにはなりません。

国内では日本ロルフィング協会、海外では米国 The Rolf Institute® of Structural Integration と連携している各国のロルファー養成機関が主催するトレーニングを一定以上の基準を満たした上で卒業しなげれば「認定ロルファー」として名乗ることはできません。

特に正式な資格取得を目的として受講を検討される方はご留意ください。ご不明な点があれば、当協会にお尋ねいただくか、個人ワークショップの主催者に直接お問い合せください。


[2012年更新]

 

 


 

TOP | whats new | ロルフィング®| ロルファー養成 | ロルファー一覧 | FAQ | リンク | aboutus | 会員専用ページ

© Copyright 2007-2016 日本ロルフィング協会 All Rights Reserved.
記載内容の無断転載・改変はお断りします